読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け抜ける森 見上げた空

ツイッターで掲載中の『連続ツイート小説』おまとめサイトです。

「みゃう」④命名

『みゃう』~子猫物語~

その子猫は、私を見かけると、私を見上げて、みゃう、と鳴いて、身体を私の足などに擦り付けたあと、その辺を歩き回ることが多かった。

かといって、部屋のなかで騒いだり、散らかすこともなかった。

f:id:RunnerToshi:20160807232818j:plain

 

その頃、私は中古の古い二槽式の洗濯機を使っていた。この洗濯機は、洗濯するところ(洗濯槽)と脱水するところ(脱水槽)が別れているものて、洗濯槽の方はふたを開けたまま使うことが多かった。

あるとき、子猫は脱水槽のふたに乗り、くるくる回る洗濯物を眺めていた。きっと、動くものが面白いのだろう。

そう思って眺めたあと、少し席を離れた。戻ってみると、同じところにずぶ濡れになった子猫が毛繕いをしていた。

 

子猫が来る頃に、網戸を開けずにいたこともあった。いつものように子猫がやって来ると、網戸が閉まっている。すると、何を思ったのか、子猫は網戸をよじ登り始めた。

部屋の中からは、網戸の裏を白いふわふわの塊が動いているように見える。面白いのでそのまま眺めてると、子猫は「おかしい」とでも思ったように時々登るのをやめる。そしてまた少し登る。

半分ほど登った処で、どうにもおかしいとでも言うように、珍しく「みゃあ~」と鳴いた。

あまりにも可愛すぎて、まだまだそのまま眺めていたい気持ちもあったが、やっぱりかわいそうなので網戸を開けてあげることにした。

ガラッ。

網戸を開けた瞬間、子猫はバランスを崩した。

そのまま背中から落ちて、地面に仰向けになった姿勢で、驚いたような顔でこちらを見ている。

「みゃう?」

落ちた姿勢のまま目をまん丸に見開いて私を見ている子猫に、私は声をかけた。

「みゃうちゃん?」

そして、もう一度。

子猫は、みゃう、と一声鳴いた。

そして、安心したように起き上がり、部屋に上がって私の足に身体を擦り付けた。

その時から、子猫の名前は『みゃう』になった。