駆け抜ける森 見上げた空

ツイッターで掲載中の『連続ツイート小説』おまとめサイトです。

「少年時代」⑤青空に抱かれて~背面飛び~

 彼と過ごしたのは、子供が増えて教室が足りなくなり、町の予算が間に合わないために本設として使われていたプレハブの校舎だった。気温などは教室としての基準を満たしていたらしいが、実際には、輻射熱で夏は暑く、熱放射で冬は寒かった。 

続きを読む

「少年時代」④翔べ、グライダー

 さあ、君の番だよ、というように彼は正面から見ている。

 彼がやって見せたように、後ろの空間に身を任せてみた。 

続きを読む

「少年時代」③鉄棒の大技

 砂場の側には鉄棒や雲梯があった。どちらも最初はぶら下がっている事さえ出来なかったが、どちらも何かのきっかけで楽しくなった。それこそ、身体の使い方のイメージが閃いたのだろう。それからはクラスの中でも得意な方に入った。 

続きを読む

「少年時代」②慰霊塔と砂遊び

 新体育館の隣には、取り壊しや移設を免れた慰霊塔があった。

 その慰霊塔は、大きな石を積んだような小山の上にあって、周囲よりも少し高いところに建てられていた。塔の周りは大きな樹木に囲まれていて、その一郭だけは元々沼地だった校庭とはまた違う世界を創り出していた。朝は鳥たちが集まって歌い、夏には蝉時雨が辺りを包んだ。

続きを読む

「少年時代」①校庭の四季と体育館

 子供の頃はというと、色々な事がすべて新鮮で、すべてが興味の対象だった。すべての事が色鮮やかに飛び込んできて、それらは未だに記憶のどこかに残っている。時間の経過もゆっくりで、あの僅か5分の休み時間にも、よくまあ遊びまくったものだと思う。 

続きを読む

「家路」③受験勉強と記憶の方法

 ふと脇を見ると、高校生だろうか、参考書のようなものを広げて試験勉強をしている。

 試験勉強といえば暗記だが、私は暗記をすることがとても苦手だ。しかし、人に言わせると、私は色々なことをよく覚えているという。

 f:id:RunnerToshi:20170211052254j:plain

続きを読む

「家路」②優先席と専用車両

 電車には優先席というのがある。もちろん、御老人や妊婦さん、身体の不自由な方のために用意された席だ。優先席の前に立つと、大抵そこには「携帯電話の電源を切る」ことが書かれている。しかし、多くの人は平然と携帯電話を操作している。

 f:id:RunnerToshi:20170211051801j:plain

続きを読む